サッカー

オリジナリティ溢れるフットサルユニフォームを作ろう|チームの象徴

ユニフォーム選びの極意

選手

デザインをどう選ぶか

1990年代以降にサッカー人気が高まるのと歩調を合わせるようにして、サッカーと似たフットサルの人気も近年高まってきています。フットサルはサッカーと比べて手軽にプレイできる点が大きな特徴です。1チームのプレイヤーはサッカーだと11人必要ですが、フットサルは5人集まればゲームができます。基本的に体育館のような室内でプレイするスポーツですので天候にも左右されません。フットサルに使用されるユニフォームは、サッカーのそれと似たものが多く採用されています。裾の部分をストレートではなくカーブさせ、裾と袖に折り返しをつけたデザインが多い点はフットサルユニフォームの特徴と言えます。ユニフォームの注文方法はサッカーのケースと基本的に変わりありません。デザインはチームの個性をアピールする重要な要素ですから、他のチームと重複しないオリジナルデザインのフットサルユニフォームを作りたいものです。個性を重視するならすべて一からデザインを作り上げるフルオーダー方式が適しています。少しでもコストを安くしたいという向きには、さまざまなデザインパターンの中から色や柄・模様を選べるセミオーダーも選択肢に入ります。

プリント方法による違い

フットサルユニフォームを選ぶ際には、プリント方式による違いにも留意する必要があります。一般にユニフォームの模様や柄・番号・文字などを生地にプリントするための方法として、圧着転写プリントと昇華プリントの2種類があるのです。圧着転写プリントはストライプや模様・番号などの部分をユニフォーム生地に接着することにより、多彩なデザインを可能にする方式です。従来のユニフォームでよく使用されていた方法ですが、何度も洗濯をすると接着した部分がひび割れを起こしたりして劣化するという問題もあります。スポーツに使う衣料としては、通気性や重量の問題も無視できません。その点を大きく改善したのが昇華プリントの技術です。この方法では生地そのものをさまざまな模様や文字なども含めて染めるため、洗濯を繰り返しても劣化することがほとんどありません。メッシュ生地の通気性も保たれる上に軽いユニフォームが可能となるため、動きやすさと快適さを兼ね備えた機能性が大きな特長なのです。近年ではフットサルユニフォームの注文にもこの昇華プリント方式を選ぶ人が増えています。デザインの自由度という点でも昇華プリントの方が有利と言えます。